匹夫の勇

匹夫の勇
12月26日、PM12:05 セントレア発、バンコク行

初海外へ行ってきました。
Planned Happenstance」(計画された偶然)をねらって決行した今回の出張。
英語は全くのザルの人間が、海外でどこまでビジネスの話ができるのか?
を自分を使って実験してみました。

エージェントは、Mr.藤川(英語ペラペラ)
彼の目的は観光だったので、事前打ち合わせはなし。
課題は3つ
1.)現地価格と日本価格の比較。
2.)露店を渡り歩いて物々交換ができるか?
3.)現地の人と名刺交換。

けっこう無謀な作戦らしく出発前、諸先輩方から
「それ、観光目的なんじゃないの?」と言われてしまう始末。
今思えば、その時の言葉がなかったら、観光で終わっていたかもしれません。

結果・・・
課題は全達成!!

親切な現地の方に日本でいう「衣料版中央卸売市場」のようなところを教えてもらい、
BITEC、シリキットコンベンションセンター、プラティナムのトリプルを見学することができました。
せっかくなので、余剰資金で仕入れを敢行することに・・・
日本で値切りは得意分野。でも海外じゃあ一般以下。
・・・ということで、これも現地のバイヤーに聞いちゃいました。(ボディランゲージ)

魔法のワードは「ラカーソン
これは、「私は業者です」とアピールする現地語らしく、通常の値引きより大きく下げることができる。
ロットがデカくなるのが難点ですが、試してみると効果テキメン!!
こんな言葉は、教科書やガイドには載ってません。
日本でも海外でも、「知る者より動く者が強い」と学んだ瞬間でした。
ホテルで携帯電話を盗難されたことを除けば、大豊作の「初」海外出張でした。
親切な現地の方、そして藤川さん、ありがとう!!

関連記事

  1. ペット用生野菜

    ペット用生野菜を見ながら、ストゥーピーライダーを語る☆

  2. バー家具移動中

    只今、バー家具移動中〜

  3. 激安ガソリンスタンドの秘密

    激安ガソリンスタンドの秘密(by一宮)

  4. 従業員第一主義!!

  5. DJのお仕事

    DJのお仕事

  6. ド久しぶりです

    ド久しぶりです!