【どちらがお得?】不用品回収と粗大ごみ【ソファの処分編】

はじめまして。コリドラス長谷川です。

 

ワタクシ、定期的に断捨離することが趣味のひとつでして、先日、大型家具のひとつである5人掛けのIKEAのコーナーソファを処分することにしました。
このソファー、長年愛用しており、とても気に入っていたのですが、座り心地だけでなく、弾み心地もよかったため、子どもの遊び道具・トランポリン状態と化し、目も当てられないほどボロボロになってしまっておりました。

 

部屋の中で大きな面積を占めるソファ。
そしてボロボロ。。。
これを処分さえすれば、部屋の中をスッキリさせることができる!
そう確信して、鼻息荒く意気込むワタシ。

 

そう意気込んだものの、これまでにソファを処分したことがありません。
パッと思いつく処分方法と各メリットとデメリットを挙げてみます。

ソファの処分方法

①リサイクルショップに売る
【 メリット 】もしかしたら売れるかもしれない
【デメリット】重くて持っていけない、大きくて車に乗らない

②販売店(IKEA)で引き取ってもらう※イケアの出張引取りオプションを利用
【 メリット 】自宅まで来てもらえる  
【デメリット】イケアが提示するソファの査定金額が5,000円以上の場合に限る

③不用品回収業者に依頼する
【 メリット 】自宅まで来てくれる
【デメリット】出張費がかかる 

④粗大ごみで捨てる
【 メリット 】家の前に捨てればいいので一番簡単
【デメリット】粗大ごみ処分費がかかる 


いくつか思いついたのですが、
このような理由から名古屋市の粗大ごみで処分することにしました。

● なるべくお金をかけずに処分したい
● すぐに処分したい
● ノーブランドのソファかつボロボロなのでリサイクルショップでは売れないと判断

 

えーっと、粗大ごみは有料だったよね?
えーっと、名古屋市でソファを粗大ごみに出す場合はいくら?
えーっと、粗大ごみを出していい日はいつだっけ?


すぐさまインターネットで検索して、名古屋市のホームページから下記情報をゲットしました。

名古屋市 粗大ごみの分け方・出し方

■粗大ごみの収集は月に1回で地域ごとに収集日が決まっている。
■粗大ごみを出すには手数料が必要である。
■粗大ごみの手数料は大きさや種類によって異なる。
■粗大ごみの収集には、粗大ごみ受付センターへ事前に申込む必要がある。
■粗大ごみ受付センターへの電話申込みは、収集日の7日前まで。
■各区の環境事業所へ自己搬入する場合は、収集日以外でも可能。


ガーーーーン!!!
我が家の場合、粗大ごみの収集日は第1金曜日で、
収集日の7日前までに申込みとなると、すでに翌月の収集日には間に合いません!

片付けたい!と思ったら、すぐさま実行したいワタシ。
翌々月の第1金曜日まで、片づけられないなんて耐えられません!!
なんとかならないか交渉しようと粗大ごみ受付センターに電話するのですが、
受付時間は終わっており、月曜日に持ち越しとなります。

 

そして、月曜日。
気を取り直して、粗大ごみ受付センターに電話したのですが、
翌月分の収集日の締め切りは、先週金曜日に終わっております。」とあっさり断られます。

最寄りの環境事業所に持ち込むなら、いつでもいいですよと言われるものの、
我が家のファミリーカーにあの巨大なソファが乗るわけありません。
近所のホームセンターで軽トラを借りることも考えたのですが、手間と労力を考えると面倒くさいので、泣く泣く、翌々月まで待つことにしました。

 

片づけたいものをすぐさま処分できないのって、かなりストレスです。。。

 

ちなみに、名古屋市でソファを粗大ごみに出す場合の手数料ですが、名古屋市のホームページ「粗大ごみ手数料の目安」には載っていません。
粗大ごみ受付センターに問い合わせたところ、大きさによって異なるそうで、一人掛けソファは500円、二人掛け以上の場合は1,500円ということでした。

 

名古屋市 粗大ごみの出し方

■1,500円分の手数料納付券(シール)を購入し、
 受付番号を記入た上でソファ(見える場所)に貼り付ける。

■指定日の朝8時までに家の前(細かく指定されます)に出す。


そして、ついに粗大ごみ収集日の朝7時半。
ソファを運び出すための助っ人・ワタシの弟に家に集合してもらい、おとな3人がかりでソファを運び出します。

運搬路にあるものが壊れたり、傷付かないように片づけたり、ドアを外したり、ただでさえ忙しい朝がいっそう慌ただしくなる中、やっとのことで、家の前にソファを運び出します。

 

その時、時計の針は「8時10分」になっていることに気づきます。

ヤバイ!
粗大ごみ受付センターの人には「朝8時までに所定の場所に出してください、8時厳守です。」
そう再三言われていたため、収集時間が過ぎてしまったものは、回収してもらえないのではないかと不安になります。


おとな3人が午前休をとり、やっとのことで運び出したのに、それだけは許されません。
何としても今日、ソファを処分したい!!!

家の前は交通量が多いため、このままソファが置かれっぱなしになっては近所迷惑になってしまいます。
いつごみ収集車が来るのか分からないため、夫と弟には仕事に行ってもらい、
ワタクシひとり、ベランダからごみ収集車が来ることをひたすら祈りながら、待ち続けます。


その後、11時頃になって、ごみ収集車が現れた時の安堵感といったらありゃしません。

今回、安く処分したいということから、行政の粗大ごみで処分することにしましたが、
ちょっと選択を誤ったなーと後悔しました。

行政の粗大ごみがオススメできない理由

■処分したい時に捨てられない
■何時にごみ収集車が来るか分からない
■家の中から運び出すのは想像以上に大変だった
■ワタシ・夫・弟の3人が午前休みをとらなければならなかった
■助っ人・弟に焼肉をご馳走することになり思いがけない出費

 

まとめ

■行政の粗大ごみはひとりでも運び出せるものの場合はオススメ
■大型家具や大型家電などは不用品業者に来てもらった方が手間も労力もかからない
■家具・家電の買い替えの場合は、販売店の引取サービスがオススメの場合もある

 

ユーズドレスキューの不用品回収はこんなに便利!

■希望の日時に自宅やオフィスまで引き取りに来てくれる上に、処分するための解体作業などの必要がない
■思い立った時にすぐに処分してもらえる(即日対応24時間365日指定可能
■「不用品回収」と同時に、「不用品の査定・買取」も行っているため、トータルでプラスになることがある

 

 
 

 

ユーズドレスキューにお電話でのお問い合わせ

ユーズドレスキューへお電話にてお問い合わせ