不用品の片付けのコツは?処分方法や費用についても!

片付けが苦手な方は多いと思いますが、後回し後回しにしておくと、ゴミのように溜まって大変なことになりますよね?

片付けのコツは「いつか使うかも?」という理由で何となく取っておくという考えを無くす事です。

不用品片付けのコツ

不用品を片づける際は、まず「絶対必要なもの」「必要ないもの」「分からないもの」に分けましょう!

そして、分からないものの中には、いつか使うかも?という品物がたくさんあるはずです。

分別していると思っている以上にいつか使うかも?という品が多いことに気づかされると思います。

高価なものは取っておくか売却したほうがいいですが、基本的にいつか使うかも?は必要ないものですので、思い切って処分してしまいましょう!

不用品の売却方法

不用品は単品で売るよりもまとめて売りに出したほうが売りやすい傾向にあります。

また、出張買取を希望される場合、単品買取だと持ち込みになる場合がほとんどです。

たくさんの品があればあるほど金額が付く可能性は広がりますので、引っ越しの際の荷造りでできるだけ不用品は出しておきましょう!

不用品処分の費用

当店の事例をお伝えすると

ブラウン管テレビ:-4,200円
折りたたみベッド:-4,000円
合計不用品回収費:8,200円 ウイスキー(ザ・マツカラン25年):+35,000円
切手、ハガキ  :+26,200円
HONDA発電機   :+47,000円
合計買取費用  :108,200円
差額:100,000円

 

不用品回収には料金が発生しますが、上記のように金額が付くとプラスになりお金が返ってくる事例もあります。

ですので、不用品があればリサイクルショップなどに見積りをお願いしましょう!

 

不用品回収には品物毎に数千円の金額がかかります。

ですので、買取不可の品物が多ければ、それだけ処分費用もかかる計算になります。

反対に買取金額が付けば、お金が返ってきます。

自己判断せずに、一度見積もりを出してみることをおすすめします。

 

<関連コラム>

遺品整理の片付けのコツや時期について

関連記事

  1. 【どちらがお得?】不用品回収と粗大ごみ【ソファの処分編】

  2. ホットプレートの捨て方!処分の費用はどれくらいかかる?

  3. 不用品回収サービスの「ユーズドレスキュー」

    遺品整理の片付けのコツや時期はいつから?費用についても!

  4. どちらがお得?不用品回収とリサイクル料金(テレビ編)