神様のサービス読書感想文

遅ればせながら・・・
弊社、お盆は平常営業です。(火曜定休)
先日、恩師からの紹介で
「神様のサービス 小宮 一慶 著」
を読みました。
サービス業のあるべき姿を
具体的な悪例・良例を挙げて解説しています。
もちろん良例は、実名を公表していますが、
悪例は、名前を伏せています。(しかし、だいたいわかる。笑)
サービスの良例として挙げられていたのは、
加賀屋、ディズニーランド
悪例は・・・
(あくまで私の推測ですよ。笑)
Rカールトン大阪
詳細をざっくり話すと
お客様にとって。
サービスの期待値が高い(価格が高い)
会社(業界)に対しては、
良いサービスを受けても当たり前としか感じられない。
サービスの期待値が低い(価格が安い)
ところに対しては、
良いサービスによって感動が生まれる。
ということです。
私の好きな言葉に
優秀な集団の中の優秀な人間は秀才でしかない、凡庸な集団の中の秀才な人間は天才である。
といった諺がありますが、
この本の要諦は、そこにあると思います。
ご興味があれば、ぜひ♪
それでは☆

関連記事

  1. 先生っ!饒舌は、家に忘れてきました!!

  2. 社長ブログ

    人生投資ゲーム理論

  3. 社長ブログ

    平成版・二宮金次郎

  4. 雪

    7日の言い訳…↓

  5. 社長ブログ

    NO~!下垂体。

  6. さんきゅーありがとまいどあり~♪