知ってるか?人は明日死ぬぞ。

おはようございます。
3月・・・別れの季節ですね。
13日は、昔アマチュアでボクシングをやっていたときの練習仲間。
I君の命日です。
私のバイク事故の際には、彼女と共にお見舞いに来てくれ、
「takurouならすぐ復活するやろ」
と励ましてくれました。
「オレも気をつけるわ―――」
その1年半後、
奇しくも同じバイク事故で命を絶ちました。
悲しみが和らいだころ私が考えたことは、
「I」が死ぬ直前にどう思ったかと言うこと。
「~をやっておけばよかった。」
私がバイク事故の直後、医師から受けた言葉
「左肢の切断、下半身不随の可能性は否めない。」(8日後のMRIで覆りましたが)
病床で思ったことは、
過去にオーバーワークでヘルニアを患った経験があるにも関わらず、
「もっとストイックに練習しておけばよかった。。。」
最近、
「何をそんなに急いでいるの?」と聞かれることが多くなりました。
私は逆に聞きたい。
「アナタは明日死ぬとしても、歩けなくなるとしても・・・今日を悠長に生きてられるんですか?」と。
「人類の最大の罪は、想像力の欠如」
これは、確かどこかの国の大統領が戦後に放った言葉だったと記憶しています。
私の身体は「後遺症11級」
「競技スポーツ」は二度と出来ない欠陥品ですが、
出来なくなって見えた景色は多く、
欠陥品だからこそ・・・得た学びは膨大です。
欠けなければ・・・
今の自分を築けたとは到底思えない―――。
退院後、ある外科の先生から得たデータに面白いものがありました。
日本では、先天的障害者よりも後天的障害者の数のほうが圧倒的に多い。(何倍かは忘れましたが・・・)
そして、私が入院中に同じ階の患者さんに行った口頭アンケートでは、後天的障害者になる原因は、6割が「油断、不注意」によるもの。(10分の6。)
例を挙げると、
その道20年のベテラン大工さんは、
家の梁から、鉄柱への落下により脊髄を強打。
下半身不随で、一生車椅子の生活を余儀なくされました。
その原因は、
「命綱をその日に限って、たまたまつけなかった―。本当にたまたまだったんだよ。」
この世に神がいるとすれば、冷酷すぎる。
「たった1度の油断も許さないのか?」と。
仏の顔は3度。
人の顔は2度。
神の顔は・・・1度です。
これを読んだ方は、「何でそんなに急ぐの?」は今後タブーでお願いします。
また「欠陥品」と言う表現、不快を示されました方、お許しください。
「知ってるか?
人は明日死ぬぞ―――。」
いつもクリックありがとうございます!!
「ブログ村ベンチャー社長部門ランキング1位」目指しています☆
背中を押してくださ~い♪(現在11位!!)
にほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
現在229位、人気ブログランキングへGO!
よろしくお願いいたします☆

関連記事

  1. 社長ブログ

    味付け紙

  2. コリア(Koria)な方々。

  3. 亀屋芳広

    訪問「亀屋芳広」☆あ〜食えば良かった…↓↓

  4. ジャイアンツ優勝を肴に、「野村ノート」を読む☆

  5. ちょっと休憩

    ちょっと休憩

  6. おいC~ミカンの見分け方

    おいC~ミカンの見分け方