勝手にビジネスホテルNO1決定戦!!

勝手にビジネスホテルNO.1
職業柄出張が多いので、
今回は、タカノ推奨ビジネスホテルをお伝えします。
比較は全国的に展開している3社
ルートイン
スーパーホテル
東横イン
以下は、一見客に対するの3社の特徴です。
ルートイン(夕食つきプランがある=経費で夕食を落としたい人向き)
スーパーホテル(価格が最安。朝食バイキングが豪華。髭剃りが別売り。24時以降チェックイン不可)
東横イン(カラー印刷無料。自動販売機飲料100円。ズボンプレッサーが部屋に備え付け。24時以降チェックイン時は、宿泊料3980円/人。有料アダルトチャンネルの廃止)
以前は、ひとつの企業に偏らないようにしていましたが・・・
最近は専ら「東横イン」。
推奨理由は、会員特典にもあります。
日曜・祝日は30%、月曜は20%の宿泊費OFF。
更に10泊に1泊無料。(無料宿泊分も領収書が切れるそうです。)
気になる仕組みの話ですが、
「なぜ、この還元率で儲かるのか?」
公表できる範囲では・・・
客室稼働率が平日90%以上(業界平均75%)
述べ床面積に対しての部屋数が多い(他社が15部屋→16部屋)
土地・建物を全て自前で用意せず、地主からの出資による委託運営にしている(初期投資圧縮→早期チェーン拡大→大量仕入による経費削減の好循環)
フロント業務は深夜であろうとほぼ女性(以前は100%でしたが、熱海、横浜で少数ながら男性も)
→人件費の圧縮、顧客満足度の向上。
ここからは私の見解ですが・・・
他ビジネスホテルが取りこぼしている客層を拾っているということ。
夫婦or女性単身の利用が非常に多い。
朝食会場を見渡す限り、利用客の2~3割は女性です。
この理由としては、
既出のフロントが女性という点。
そして、アダルトチャンネルを廃止していること。
経営的な観点で言えば、有料アダルトはむちゃくちゃ儲かるらしく(笑)
東横インはその犠牲を払って、女性客を拾いに行ったという背景がうかがえます。
これは、創業社長のご英断ですね。(一時、新聞沙汰になりましたが・・・)
今回の比較は大手のみですが、
6000円未満で東横を超えるホテル(朝食が5時~、など)があれば、是非ご教授下さい。
それでは☆
いつもクリックありがとうございます!!
「ブログ村ベンチャー社長部門ランキング1位」目指しています☆
背中を押してくださ~い♪(現在?位!!)
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
現在229位、人気ブログランキングへGO!
よろしくお願いいたします☆

関連記事

  1. タクロースシローゴチソーに

    タクロースシローゴチソーに!

  2. stoopyrider

    アクセル全開stoopyrider(ストゥーピーライダー)!

  3. 読書の副作用

    読書の副作用

  4. その敬語、間違いです☆

  5. 朝練のちエムカフェ

    朝練のちエムカフェ★

  6. 首都高「池尻」強行突破

    首都高「池尻」強行突破っ!!