平成版・二宮金次郎

創業してから、本を読む時間が極端に少なくなった。
普段、読書室として使っている地下鉄の中も、最近は、営業資料の確認や訪問先の情報を、再度頭に詰め込むための勉強部屋と化しているためだ。
どこかで情報補充の時間を確保しなくては・・・

っつーことで。
歩きながら本を読むことをはじめた。
(以前は、セミナー等のCDを聞いていたが、音楽を聴いていると勘違いされ、営業のマイナス要素になるのでやめた。)
はたから見たら、まさに「二宮金次郎」
全くもって、迷惑な歩行者だ。
はっきり言って変態だと思う。

しかし、もう捻出できる時間はその辺しかないので、周りを気にせず読んでいる。
一度交差点付近で、信号に気付かずにはねられそうになったので、交差点が多いところでは控えるようにしている。

ただし一つ問題点が・・・
今週末に、営業車・営業用自転車が入る。
歩く機会が減ってしまう可能性が・・・。
ん~・・・・その時はその時で、また考えるでしょう。
親しい人は明日から「金ちゃん」と呼んでください。笑

関連記事

  1. 天才恐怖症

    天才恐怖症。。。

  2. ウェブコンサルティングの立松さんの腕

    天は2物を与えず、パート2☆

  3. 永楽の湯

    永楽の湯

  4. モチベーションワード

    モチベーションワード

  5. 祝・エスパーダ号

    祝・エスパーダ号☆

  6. 勢いアリ

    勢いアリ!