人生で一度は行ってみたい場所、知覧。

えー・・・先日の定休日を利用して、
鹿児島の知覧へ行って参りました。
知覧
神風特攻隊員の絶筆・遺書に触れ、何か気づきを得られることを期待しての旅でしたが・・・
結果、行って正解でした。
なんと偶然にも、私の本籍の近隣(というか隣)で助田五助さんという特攻隊員の方がおりまして、非常に驚きました。
特攻前日に書かれた遺書には、
「お母さん、長い間お世話になりました。私は笑って元気で征きます。」というものや、
「俺が死んだら何人泣くべや。」というものまで様々ありましたが、
一番心に響いたのは、
特攻を志願した大尉の妻が、
大尉が天国へ行っても寂しくないように先に自決をし、
それに応える大尉の妻へ向けた最後の手紙。
でした。
これは、みなさん実物を見られた方が良いと思うので、内容は書きませんが、
当時は、ものすごい時代だったんだなぁと思うと同時に、目頭が熱くなりました。
宇都氏
さて、
写真は、鹿児島の友人、宇都氏。
昔は名古屋でバリバリ働いていましたが、転職を機に地元に戻っています。
彼の案内なしには、名物にありつけませんでした。
ありがとう!
みんな、焼酎は、宇都酒造で買いましょう☆
それでは。

関連記事

  1. コリア(Koria)な方々。

  2. インテリアデザイナー後藤純孝氏

    CORAZON(in千種)

  3. コミュニティタクシー最高!!(ささやかなお返し篇)

  4. 自転車で買い物行くと卵が割れる

    自転車で買い物行くと卵が割れるんですが…

  5. ホルミシスリンパマッサージ

    三重でブーム!?ホルミシスリンパマッサージ

  6. 緑ボクシングジム

    笑い飛ばせば、活路あり!?