高価買取のコツ | 名古屋でリサイクルショップ・不用品回収・不用品買取ならユーズドユーズ

  1. トップページ >
  2. 高価買取のコツ

高価買取のコツ

目次

コツその1:<小物・雑貨> 買取依頼をする前には必ず掃除を
コツその2:<小物・雑貨> 化粧箱も用意して買取金額をアップ
コツその3:<小物・雑貨> 備品もしっかり揃えて
コツその4:<家電> 買取依頼をする前には必ず掃除を
コツその5:<家電> 商品のメーカー名が判別できるようにしておいて
コツその6:<家電> 鍵や板も忘れずに用意を
コツその7:<デジタル機器・PC・携帯電話> 備品もしっかり揃えて
コツその8:<デジタル機器・PC・携帯電話> ステッカー等は絶対に貼らないで
コツその9:<デジタル機器・PC・携帯電話> 外箱も用意して買取金額をアップ
コツその10:<家具・インテリア> 買取依頼をする前には必ず掃除を
コツその11:<家具・インテリア> 商品のメーカー名が判別できるようにしておいて
コツその12:<家具・インテリア> 鍵や板も忘れずに用意を
コツその13:<オフィス用品> ステッカー等は絶対に貼らないで
コツその14:<オフィス用品> 机やロッカーの鍵も忘れずに用意を
コツその15:<オフィス用品> キャスター付きの製品は可動チェックも
コツその16:<その他の全ジャンル> 買取依頼をする前には必ず掃除を
コツその17:<その他の全ジャンル> 説明書や付属品などの備品も忘れずに用意を
コツその18:<その他の全ジャンル> ステッカー等は絶対に貼らないで
コツその19:<その他の全ジャンル> スーツケースや金庫などの鍵も忘れずに用意を


小物・雑貨

買取依頼をする前には必ず掃除を

買取された不用品は再販されることになるため、汚れなどを拭き取るなど掃除をすることが一般的となっていますが、買取依頼をする前にもあらかじめ目に見える汚れはきれいに掃除しておいてください。
掃除をしていない場合に比べてイメージも良くなりますので、高い金額で買取ってもらえることもあります。

化粧箱も用意して買取金額をアップ

フィギュアなどのグッズには化粧箱等に入っている物が多いですが、フィギュア本体だけではなく、化粧箱も用意していることでグッズ自体の価値を上げることができます。
既に開封してしまっていても化粧箱に入れて買取をしてもらうこともできますし、開封していない状態であれば尚好印象です。

備品もしっかり揃えて

特にインテリアに関連している商品については、備品無しではきれいに飾ることができない場合があります。
もちろんインテリア関連以外の商品でも、備品までしっかり揃えてあることで買取金額は高くなりますから、あらかじめ備品もチェックしておくようにしてください。

家電

買取依頼をする前には必ず掃除を

買取られた不用品は再販されることになるため、汚れを拭き取る、きれいに洗うなどあらかじめ掃除をしておくことが一般的です。
汚れがついたままの場合では、買取後に掃除をする際に手間をかけなければならないので、買取金額が下がってしまうこともあります。
自分の目に見えている汚れだけでもきれいに掃除しておくことで、買取の際のイメージも違ってきますから、見積もりに出す前には必ず掃除をしておいてください。ステッカーなどが貼ってある場合もきれいに剥がしてください。

※アンティーク家電などの骨董品の価値が高い商品の場合は、汚れを拭き取ることで価値が下がることがあるのであらかじめ注意しておいてください。

商品のメーカー名が判別できるようにしておいて

一流メーカーの家具やデザイナーズ家具といった高級家具の場合は、買取金額が元々高くなっていることが多いので、あらかじめ商品のメーカー名が判別できるようにしておいてください。
特にアルフレックス、イクスシー、カッシーナ、カリモク、ハーマンミラーといったメーカーの家具は買取金額が高くなっています

鍵や板も忘れずに用意を

食器棚のカギや本棚の板などは、使っていない場合も多いかと思いますが、買取の際に用意していないと買取金額が下がってしまうことがあります。
利用価値も下がってしまうので、次に使用する人のためにも鍵や板などもしっかり用意しておいてください。

デジタル機器・PC・携帯電話

備品もしっかり揃えて

製品の取り扱いに必要な説明書やリモコンなどの付属品は重要な備品です。製品によっては説明書や備品が付属されていないことで使用することができなくなってしまうこともあるので、買取前には忘れずに揃えておいてください。
もし新品に近い製品状態であっても、備品が揃っていないと買取金額が下がってしまいます。

ステッカー等は絶対に貼らないで

製品にステッカーやシールなどが貼ってあると、製品自体の価値が下がってしまいます。
買取後には掃除をしますが、買取前にもあらかじめ製品の汚れを取っておくことが一般的ですので、ステッカーやシール以外にも汚れている部分があれば、きれいに掃除しておきましょう。

外箱も用意して買取金額をアップ

製品の外箱が付いていないものと付いているものとでは、圧倒的に外箱付きの製品の方が人気が高くなっています。
外箱が取ってあるようであれば、外箱も製品と一緒に用意しておきましょう。買取金額がアップすることもあります。

家具・インテリア

買取依頼をする前には必ず掃除を

買取られた不用品は再販されることになるため、汚れをきれいに拭き取っておくなどあらかじめ掃除をしておくことが一般的です。
製品に汚れがついたままの場合では、買取後に掃除をする際に手間をかけなければならないので、買取金額が下がってしまうこともあります。
自分の目に見えている汚れだけでもきれいに掃除しておくことで、買取の際のイメージも違ってきますから、必ず掃除をしておいてください。
またステッカーやシールなどが貼ってある場合もきれいに剥がしてください。

※アンティークなどの骨董品としての価値が高い家具の場合は、汚れを拭き取ることで価値が下がってしまうことがあるのであらかじめ注意しておいてください。

商品のメーカー名が判別できるようにしておいて

一流メーカーの家具やデザイナーズ家具といった高級インテリア家具の場合は、買取金額が元々高くなっていることが多いので、あらかじめ商品のメーカー名が判別できるようにしておいてください。
特にアルフレックス、イクスシー、カッシーナ、カリモク、ハーマンミラーといったメーカーのインテリア家具は買取金額が高くなっています。

鍵や板も忘れずに用意を

食器棚のカギや本棚の板などは、使っていない場合も多いかと思いますが、買取の際に用意していないと買取金額が下がってしまうことがあります。
せっかく良い状態で使っていたインテリア家具でも、付属品がないことで利用価値も下がってしまうので、次に使用する人のためにも鍵や板などもしっかり用意しておいてください。

オフィス用品

ステッカー等は絶対に貼らないで

ステッカーやシールなどが貼ってあると、製品自体の価値が下がってしまいます。
買取後には掃除をしますが、買取前にもあらかじめ製品の汚れを取っておくことが一般的ですので、ステッカーやシール以外にも汚れている部分があれば、きれいに掃除しておくようにしてください。

机やロッカーの鍵も忘れずに用意を

机やロッカーには鍵が付いている場合がほとんどですが、鍵が付属されていないような場合は利用価値が下がり、高い金額で買取ってもらうことができません。
鍵をしっかりかけられる状態で買取ってもらうことが必要なので、机やロッカーに付属していた鍵も忘れずに用意しておきましょう

キャスター付きの製品は可動チェックも

ホワイトボードなどにはキャスターが付いていますが、使用していく内にキャスター部分にゴミが溜まってしまったり、汚れてしまったりして、キャスターの動きが悪くなってしまうことがあります。
買取金額にも関わってきますので、あらかじめキャスター部分のゴミや汚れをきれいに掃除しておき、キャスターの可動チェックも忘れずに行なってください。

その他の全ジャンル

買取依頼をする前には必ず掃除を

買取された不用品は再販されることになるため、汚れなどがついていれば拭き取っておくなど、掃除をすることが一般的となっていますが、買取依頼をする前にもあらかじめ目に見える汚れはきれいに掃除しておいてください。
掃除をしていない場合に比べてイメージも良くなりますので、高い金額で買取ってもらえることもあります。

※アンティークなどの骨董品としての価値が高い製品の場合は、汚れを拭き取ることで価値が下がってしまうことがあるのであらかじめ注意しておいてください。

説明書や付属品などの備品も忘れずに用意を

製品の取扱説明書や保証書、リモコンなどの付属品も忘れずに用意しておいてください。
もし新品に近い状態の製品であっても、備品が付いていない場合は製品としての利用価値が下がってしまうので、備品は必ず一緒に用意しておきましょう。
また製品が入っていた外箱や化粧箱もあると、買取金額をアップさせることができる場合もあります。

ステッカー等は絶対に貼らないで

製品の本体にステッカーやシールなどが貼ってあると、製品自体の価値が下がり、買取金額にも関わってくることになります。
買取後には掃除をすることになりますが、買取前にもあらかじめ製品の汚れを取っておくことが一般的ですので、ステッカーやシール以外にも汚れている部分があれば、きれいに掃除しておくようにしてください。

スーツケースや金庫などの鍵も忘れずに用意を

スーツケースや金庫などには鍵が付いていますが、鍵が付いていない物を買取る場合は買取金額も下がりますし、何より製品としての利用価値が下がってしまいます。
鍵は次に使う人が安心して使うために必要なものですので、製品と一緒に忘れずに用意しておいてください。


お問い合わせ・無料お見積り